読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元(?)保健師の子育て奮闘ブログ

平成27年に20代後半ギリギリで出産。出産前は自治体保健師として勤務したくさんの方から子育て相談を受けておりましたが、子育てを実体験して感じたことを書いていきます。

娘のことを保健師に相談(生後4ヶ月頃)

こんにちは。さくらフーコです。

 

前の記事で自分の娘のことはほとんど保健師に相談したことがないと書きました。

 

でも1度だけ相談したことがあったので、書いておきますね。

 

うちの娘は生後5ヶ月頃までほとんど笑わない赤ちゃんでした。

 

母子手帳の3-4ヶ月の欄にありますよね?

「あやすとよく笑いますか?」って項目。

 

うちの娘はあやしても何をしても笑わない。

 

私より遅く出産した友達に話を聞いたり芸能人のブログを読んでみても

「ケタケタ笑うよ」

「何でもないことで笑ってる」

とか言われるし、ブログにも書いてある。

 

本当に本当に悩んで悩んで、

ネットとか検索しまくって、

余計に悩んで心配になって、

相談しました。保健師さんに。

 

まずは保健所(保健センター)に電話をして、

勇気を出して

「一度会って話がしたい。」

って言ったら快諾してくれました。

 

当日、保健師さんの前でももちろん笑わないアンドなん語(あーとかうーとか)も出ない。

 

でも保健師さんには

「この子はこの子なりに興味のあることがある。おもちゃを出したらそれに手を伸ばそうとしている。今は笑ったり話したりすることに興味がないだけに見える。」

と言われました。

 

あとは、「赤ちゃんに声を出すことを理解してもらうためにお母さんが話をする時間をもっと増やすといいですよ。」

とアドバイスいただきました。

 

私はまだまだ安心半分、不安半分でした。

だって、何か問題があっても、この月齢ではどうせ悪いことなんて言われることはないだろうって思ってたから。

 

でも、スッキリはしました。

そして相談して良かったとも思いました。

 

それから、その足で初めて支援センターに行きました。

 

この話はまた別の機会に。では。